report

第12回撮影会のレポートです。

第12回撮影会を行いました。

2016年10月23日に、名古屋市内のお寺さんにて「ぱんだ@カメラ」撮影会を行いました。

今回は「狂言師撮影会」ということで、狂言師の鹿島俊裕さんをお招きし、日本の伝統芸能である狂言を撮影させて頂きました。




まず始めに狂言の鑑賞。”狂言ってこんなものなんだ”ということを分かった上で、撮影会はスタートです!

外に出て鮮やかな緑の背景の中で色々とポージングをして頂いたり、お寺の本堂のきらびやかな襖絵の前で撮影をしたり。
狂言師さんはとても表情豊かで、撮影するのがとても楽しかったです。

 

休憩タイムには名古屋西別院のお坊さんに、お参りの作法を教えて頂きました。

宗派によって、お参りもお焼香の作法も違うそうですが、今回は西本願寺さんのお作法を。念珠を持って、お辞儀して、その時の角度は45度で・・・と詳しく教えていただきました。



最後はみんなで記念撮影!今回はたくさんの方にご参加頂きました。全員がしっかり撮影できるよう、A班とB班に分かれて交代で撮影しましたが、皆さんのご協力によりスムーズに進めることができました。ありがとうございました!

今回は「日本の良さを知ってもらいたい」という思いから、お寺さんで日本の伝統芸能を撮影するという企画にしましたが、伝わりましたでしょうか?これからも色々と企画をしていきますね。

次回の撮影会は11月12日・13日に「横浜合宿」を行います。メインは横浜の夜景撮影と、横浜中華街で食べ歩きです!(食べ歩きしながらしっかり撮影もします!)参加をご希望の方はこちらからお申込み下さい。

>>今後のイベントを見る

>>ぱんだ@カメラのお試し体験に参加する